外国人材適正活用セミナー(外国人雇用の基礎知識と実務)に参加してきました。

January 16, 2019

平成31年1月16日

「外国人材適正活用セミナー」    主催:群馬県

 

 

  • 平成29年度の外国人入国者数は約2750万人(前年比18.1%増)で過去最高。ちなみに日本人出国者数は約1790万人(平成26年までは出国者数のほうが多かったが、27年に逆転して以来その差は拡大している)。外国人入国者で多いのは、①韓国(約27%)、②中国(約21%。ただし香港の約8%を加えると韓国を抜いて1位になる)、③台湾(約16%)。この3か国で7割を超える。

  • 日本にいることができる在留資格には、「活動資格」(日本において行うことができる活動について与えられる24資格)と、「身分資格」(日本において有する身分または地位について与えられる4資格)の2種類がある。「特定技能」1号・2号は「活動資格」になるが、まだ詳細が決まっていない。

  • 留学生が就労する場合のビザは、約90%が「技術・人文知識・国際業務」(機械工学等の技術者、通訳、デザイナー、私企業の語学教師、マーケティング業務従事者等。単純労働でないこと)になる。

  • 以下の3つの在留資格は、語句は似ているが違うビザになる。

・「技能」・・・本邦の公私の機関との契約に基づいて行う産業上の特殊な分野に属する熟練した技能を要する業務に従事する活動(例:外国料理の調理師、スポーツ指導者、航空機の操縦者、貴金属等の加工職人等)

 

・「技能実習」1号・・・イ 技能実習法上の認定を受けた技能実習計画(第一号企業

            単独型技能実習に係るものに限る)に基づいて、講習を受け、

            及び技能等に係る業務に従事する活動(技能実習生)

            ロ 技能実習法上の認定を受けた技能実習計画(第一号団体

                                 監理型技能実習に係るものに限る)に基づいて、講習を受け、

                                 及び技能等に係る業務に従事する活動(技能実習生)

           ※在留期間は1年を超えない範囲

                    2号・・・イ 技能実習法上の認定を受けた技能実習計画(第二号企業

                                  単独型技能実習に係るものに限る)に基づいて技能等を要

                                  する業務に従事する活動(技能実習生)

                                  ロ 技能実習法上の認定を受けた技能実習計画(第二号団体

                                  監理型技能実習に係るものに限る)に基づいて技能等を要

                                  する業務に従事する活動(技能実習生)

                                  ※在留期間は2年を超えない範囲

                    3号・・・イ 技能実習法上の認定を受けた技能実習計画(第三号企業

                                  単独型技能実習に係るものに限る)に基づいて技能等を要

                                  する業務に従事する活動(技能実習生)

                                  ロ 技能実習法上の認定を受けた技能実習計画(第三号団体

                                  監理型技能実習に係るものに限る)に基づいて技能等を要

                                  する業務に従事する活動(技能実習生)

                                  ※在留期間は2年を超えない範囲

・「研修」・・・本邦の公私の機関により受け入れられて行う技能等の修得をする活動  (この表の技能実習1号、留学の項に掲げる活動を除く(研修生)

    ※在留期間は1年、6月、3月

 

☆「技能」、「技能実習」は就労資格だが、「研修」は「非就労資格」(支給されるのは研修手当であり、給与は発生しない)。研修は「非実務研修」であり、実務を伴う場合は「技能実習生」として受け入れなければならない。1年間の研修終了後、技能実習生になることはできる。

  • 偽造在留カードが出回っているので、注意が必要。外国人を採用する際は、いっしょに市役所に行ってその場で住民票を取らせること。在留カードと住民票の内容が一致していれば、本物。

  • 群馬県の在留外国人数は5万5137人(前年比9.8%増)で、全国12位。ブラジル、フィリピン、中国、ベトナム、ペルーが多い。

  • 難民申請をした国籍の上位5か国。フィリピン(4895人)、ベトナム(3116人)、スリランカ(2226人)、インドネシア(2038人)、ネパール(1451人)。難民申請中に与えられる在留資格が「特定活動」(全体で6万4776人。群馬県は3432人で全国6位)。※ただし「特定活動」には「外交官等の家事使用人、ワーキング・ホリデー、経済連携協定に基づく外国人看護師・介護福祉士候補者等」も含まれる。在留期間は5年を超えない範囲。

 

 

 

  •  

    まず、外国人がどういう職種・条件なら就職できるかを理解すること。

  • 外国人社員が定着するためには、①公正な能力評価、②母国の慣習を考慮する(豚肉を食べない、など)、③生活面でのサポート(銀行の手続きやアパートに生活用品をそろえる、など)。

  • 自社の求人情報をネットに流すなどして、応募しやすい環境を作る。ネットで派遣会社を探して群馬県外の会社に就職する留学生が多い。群馬の会社への応募方法がわからないから、とのこと。

  •  

  • 外国人材採用のメリットは、人手不足の解消のほかに、外国人視点での商品開発(ハラルに特化した肉の販売)ができることや、ベトナムなど発展途上国の人は大家族なので介護職に向いていることなどがある。 

  •  

     

     

     

     

     

     

     

     

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Aoyama Japanese

      language Academy

Postal code 371-0805

3-24-1,Minami-cho,Maebashi-shi,Gunma-ken 

Tel +81-27-289-6937,

      +81-27-288-0613

Mail  aoyama-jls@tbz.t-com.ne.jp

  • Facebook - Black Circle
  • Twitterの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル

Copyright © 2019  AOYAMA NIPPONGO GAKUINN All Rights Reserved.